世界の結婚

Posted by admin on 2月 22, 2013
結婚

ヨーロッパでは教会で結婚式を行う国が多く代表的なのはチェコ、デンマーク、スペインです。しかし今は一部の国において、ドレスまたは普段着で30分も満たない簡単な式を、職員の立ち会いのもとに挙げる市庁舎婚が増えています。

 

市庁舎婚では、指輪交換、結婚届署名等必要最低限の事のみ行います。オランダでは時に多数のカップルやその両親、親族が自分達の番を待っている状態となり、市庁舎内がそういった人で溢れ返る事もあるようです。

 

アジア、アフリカではイスラム式、教会式が目立ちます。イスラム教では結婚は個人間での契約としており、結婚式はその契約を結ぶ儀式と解釈しています。夫婦の両方が教徒であるのが結婚条件で、一方が教徒ではない場合、その人にはイスラム教を基に生活していく必要性が生じますが、国によっては教徒にならずに結婚できる所もあります。イスラム式は正式では、3日間行われます。

 

中南米では教会式で執行する国が多数です。その国の一つであるメキシコは、日本と似た流れで式が進んでゆきます。日本では当たり前のブーケトスは、メキシコから生まれたとされています。中南米の披露宴は食事以上にダンスがメインイベントで、中でもボリビア、ベネズエラ、チリの人々は夜が明けるまで踊り続けるといいます。

 

オセアニアでは事実婚、教会式、イスラム式等、国によって異なります。先住民による文化が色濃いイメージのパプアニューギニアは今、海外の文明に影響を受けている状態にあり、都市部では教会式で行われる傾向が強い一方、それ以外の地域では、昔ながらの部族総出で祝うスタイルで行われています。

 

このように世界の結婚式は多種多様で、その国で実施される結婚式を知る事で国の文化、現況を垣間見る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>