結婚の歴史

Posted by admin on 2月 01, 2013
結婚

今の形に至るまで、結婚は歴史を通じて変わってきました。

 

大昔では男女とも自由に恋愛でき、同時に何人もの人と結婚する形式がとられていた、と推測されています。

 

古墳時代に入ると、男性か女性が相手のいる家に行き来する妻間婚が行われるようになります。これは結婚後も夫婦は別々の家で暮らすというもので、同居する場合でもたまに来て数日泊まる程度で、何十年も一緒にいる訳ではありませんでした。

 

平安時代では妻間婚とほぼ似た形を取っていましたが、妻間婚と異なるのは通うのは主に男性なのが一般的であった点です。

 

鎌倉時代から戦国時代までは、男性が家の絶対権力者とする家父長制が、本格的に台頭し、それに伴い結婚動機は恋愛から家組織や領土の維持拡大に変化していき、武家は自分側の利益に繋げるための結婚を積極的に行いました。

 

明治時代では婚姻法の登場で、結婚は政府によって一夫一婦制と決められました。これはすぐにでも文明の発達したヨーロッパやアメリカに近づき、自国を強くしたいとの政府の思いが背景にあります。そのためにはまず列強に認められる必要があると判断し、列強の考えを日本にも採り入れる事でそれを実現させようとしたのです。

 

身分によらず一人一人が権利を主張できる国となった戦後以降は、家存続よりも個人の考えを尊重する形に変わった事で恋愛結婚が主流となり、今にまで至ります。

 

現在はさらに、婚姻届を出さずに男女が同じ屋根の下で暮らす事実婚、気軽に相手を探せるカジュアル見合い等、結婚の形は多様化しています。

 

今後も結婚は、その時の時代に合わせ、様々に変遷していくと推し量れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>